岡山県民藝協会のこと

岡山県民藝協会のこと
岡山県民藝協会は柳宗悦氏の提唱する工藝文化の運動を推進し、民藝を愛好する人たちの集まりです。設立は1946年。60年以上の歴史を持ちます。協会の活動は会員の研修・親睦が中心で、新年の親睦会、総会、春の旅行、少年民藝夏期学校、秋の旅行などの定例行事の間に、見学会や手仕事調査、講演会などが催されています。会員は倉敷民藝館をはじめ大原美術館工芸館、東京駒場の日本民藝館など日本全国17箇所にある民藝館に無料入場できます。全国組織である日本民藝協会に属します。

岡山県民藝協会年会費 (会員募集中)
個人会員    5000円
家族会員    2人 7000円 3人  9000円
法人会員    1口 6000円
日本民藝協会発行 月刊誌「民藝」を購読の場合は別に年額10200円です。
入会をご希望の方は倉敷民藝館までご連絡ください。
TEL・FAX 086-422-1637
協会事務所  〒710-0046
          倉敷市中央1丁目4番11号 倉敷民藝館内
          岡山県民藝協会

2011年5月5日木曜日

企画展「はこ -暮らしの中の箱・函・筥」


箱は私たちの日常で活躍しています。例えば、弁当箱、衣裳箱、硯箱、針箱などがあります。また厨子甕は人骨を納めるための箱といえますし、神棚は神様のお住まいの箱ととらえることができます。本展では暮らしの中で様々な用途に使用されている箱に注目し、ご紹介します。


展覧会名称 「はこ -暮らしの中の箱・函・筥」

展覧会会期 現在開催中~平成23年6月5日(日)

9:00~17:00(入館受付は16:45迄)

休館日は月曜日、祝日は開館

入館料   大人700円 学生400円 小人300円


財団法人 倉敷民藝館

〒710-0046 岡山県倉敷市中央1-4-11

Phone / FAX 086-422-1637



2 件のコメント: