岡山県民藝協会のこと

岡山県民藝協会のこと
岡山県民藝協会は柳宗悦氏の提唱する工藝文化の運動を推進し、民藝を愛好する人たちの集まりです。設立は1946年。60年以上の歴史を持ちます。協会の活動は会員の研修・親睦が中心で、新年の親睦会、総会、春の旅行、少年民藝夏期学校、秋の旅行などの定例行事の間に、見学会や手仕事調査、講演会などが催されています。会員は倉敷民藝館をはじめ大原美術館工芸館、東京駒場の日本民藝館など日本全国17箇所にある民藝館に無料入場できます。全国組織である日本民藝協会に属します。

岡山県民藝協会年会費 (会員募集中)
個人会員    5000円
家族会員    2人 7000円 3人  9000円
法人会員    1口 6000円
日本民藝協会発行 月刊誌「民藝」を購読の場合は別に年額10200円です。
入会をご希望の方は倉敷民藝館までご連絡ください。
TEL・FAX 086-422-1637
協会事務所  〒710-0046
          倉敷市中央1丁目4番11号 倉敷民藝館内
          岡山県民藝協会

2014年11月7日金曜日

第11回倉敷民藝館賞 有限会社 クラフト館岩井窯


第11回倉敷民藝館賞は、全国から14件のご推薦をいただき、平成26226日に選考委員会を開き、有限会社 クラフト館岩井窯に決定いたしました。授賞式と記念の展示会とを合わせておこないます。

授賞式   日時: 平成26年1111() 14時~
展示即売会 会期: 平成261111()16()
      時間: 9時~17時(最終日は16時まで)
      会場: 倉敷民藝館

倉敷民藝館賞とは、
   倉敷民藝館賞は初代館長外村吉之介(18981993)の業績を記念し、平成5年に設けられ、平成64月に第1回の表彰をおこないました。民藝品の制作、工人の指導育成、もしくは民藝運動の推進にみるべき活躍があり、将来の活躍が一層期待される若い個人もしくは団体に対し、その業績を奨励するために賞を授与しています。隔年で広く推薦を募り、選考委員会による審査のうえ決定しています。


公益財団法人 倉敷民藝館

3 件のコメント: