岡山県民藝協会のこと

岡山県民藝協会のこと
岡山県民藝協会は柳宗悦氏の提唱する工藝文化の運動を推進し、民藝を愛好する人たちの集まりです。設立は1946年。60年以上の歴史を持ちます。協会の活動は会員の研修・親睦が中心で、新年の親睦会、総会、春の旅行、少年民藝夏期学校、秋の旅行などの定例行事の間に、見学会や手仕事調査、講演会などが催されています。会員は倉敷民藝館をはじめ大原美術館工芸館、東京駒場の日本民藝館など日本全国17箇所にある民藝館に無料入場できます。全国組織である日本民藝協会に属します。

岡山県民藝協会年会費 (会員募集中)
個人会員    5000円
家族会員    2人 7000円 3人  9000円
法人会員    1口 6000円
日本民藝協会発行 月刊誌「民藝」を購読の場合は別に年額10200円です。
入会をご希望の方は倉敷民藝館までご連絡ください。
TEL・FAX 086-422-1637
協会事務所  〒710-0046
          倉敷市中央1丁目4番11号 倉敷民藝館内
          岡山県民藝協会

2014年10月15日水曜日

武内真木 作陶展


2014年10月18日(土)から10月26日(日) 11:00〜18:00
会期中無休 18〜21日作者在場

地元で採れる粘土を使い、民窯でくり返し作られてきたような
「飾らぬ美しさと力強さ」を持つ器の制作に励む武内さん。
食卓の器を中心に、秋冬を彩る品々が並びます。
4年ぶりの開催です。ぜひお出かけください。

信州松本、山に囲まれたこの町は私にとって遠いですが、
憧れと親しみのある町です。父の時代から縁を頂いている
松本で会をさせて頂けることは自分にとって楽しみです。
どうぞよろしくお願いいたします。
                   倉敷堤窯 武内真木

工藝マエストロ 長野県松本市中央3-2-15
(0263)33−7895
http://www.craft-navi.net/gallery/378.html

4 件のコメント: