岡山県民藝協会のこと

岡山県民藝協会のこと
岡山県民藝協会は柳宗悦氏の提唱する工藝文化の運動を推進し、民藝を愛好する人たちの集まりです。設立は1946年。60年以上の歴史を持ちます。協会の活動は会員の研修・親睦が中心で、新年の親睦会、総会、春の旅行、少年民藝夏期学校、秋の旅行などの定例行事の間に、見学会や手仕事調査、講演会などが催されています。会員は倉敷民藝館をはじめ大原美術館工芸館、東京駒場の日本民藝館など日本全国17箇所にある民藝館に無料入場できます。全国組織である日本民藝協会に属します。

岡山県民藝協会年会費 (会員募集中)
個人会員    5000円
家族会員    2人 7000円 3人  9000円
法人会員    1口 6000円
日本民藝協会発行 月刊誌「民藝」を購読の場合は別に年額10200円です。
入会をご希望の方は倉敷民藝館までご連絡ください。
TEL・FAX 086-422-1637
協会事務所  〒710-0046
          倉敷市中央1丁目4番11号 倉敷民藝館内
          岡山県民藝協会

2014年7月28日月曜日

まめの会 第七回「民藝協会全国大会おさらい」ご報告


岡山県民藝協会主催まめの会 第七回終了しました。今回は倉敷町家トラストをお借りして、6月に行われた日本民藝協会全国大会 倉敷大会公開講演「民藝とデザイン」(深澤直人館長)の模様をおさらいする回でした。柳宗悦が見てきたものを深澤館長の眼を通して分析した時に出てきたのは「かわいい」というキーワード。日本民藝館の膨大な収蔵品の中から「かわいい」視点で厳選された品々を解説と共にスライドで見る事で民藝の世界がずっと身近に感じられる講演内容でした。次回のまめの会は未定ですが、お気軽にご参加ください。

2 件のコメント: