岡山県民藝協会のこと

岡山県民藝協会のこと
岡山県民藝協会は柳宗悦氏の提唱する工藝文化の運動を推進し、民藝を愛好する人たちの集まりです。設立は1946年。60年以上の歴史を持ちます。協会の活動は会員の研修・親睦が中心で、新年の親睦会、総会、春の旅行、少年民藝夏期学校、秋の旅行などの定例行事の間に、見学会や手仕事調査、講演会などが催されています。会員は倉敷民藝館をはじめ大原美術館工芸館、東京駒場の日本民藝館など日本全国17箇所にある民藝館に無料入場できます。全国組織である日本民藝協会に属します。

岡山県民藝協会年会費 (会員募集中)
個人会員    5000円
家族会員    2人 7000円 3人  9000円
法人会員    1口 6000円
日本民藝協会発行 月刊誌「民藝」を購読の場合は別に年額10200円です。
入会をご希望の方は倉敷民藝館までご連絡ください。
TEL・FAX 086-422-1637
協会事務所  〒710-0046
          倉敷市中央1丁目4番11号 倉敷民藝館内
          岡山県民藝協会

2012年2月28日火曜日

倉敷堤窯 武内真木 作陶展

■2012年3月8日(木)から3月14日(水) 
 最終日は午後5時に閉場いたします
■会場 福屋八丁堀本店7階ギャラリー101 

 昨年起きた大きな自然災害により、日々の暮らしの大事さを、改めて強く感じました。
それと同時に、特別なときでない、普段の生活を豊かにする器を作ることの大切さを思いました。
 焼物の仕事に入って今年で33年になり、これからも皆様の日々の暮らしの一番近くに置いていただける様な器を作っていきたいと思っております。
 どうぞ御高覧くださいます様、お願いいたします。

福屋八丁堀本店 リンクはこちら

5 件のコメント: